シャム&オッド

猫のこと人のこと

猫の玩具・パーツの誤飲に注意と毛皮の話

新しい猫のおもちゃを買いました。

パーツがボロボロ分離しなくて毛皮を使っていない物ということで「ちっちゃいにゃんこ玉」を購入。

f:id:sangoruka_cats:20171106030526j:plain

この数時間後、ほんの少し目を離した隙に……
 

f:id:sangoruka_cats:20171106030524j:plain

こうなり
 

f:id:sangoruka_cats:20171106030525j:plain

こうなり

 

f:id:sangoruka_cats:20171106030527j:plain

こうなりました。
 
誤飲が怖いので、今まで以上にくららから目を離さないようにしなくては。
 
おもちゃ自体は可愛くて猫たちもよく遊んでくれました。
 
毛糸では無く綿の紐で出来た、似たような犬用のボールがあったのですが、そちらなら大丈夫なのかな?と思い購入を検討中です。
 
作りもしっかりしているので破壊好きな猫でなければこんなにバラバラに壊れる事も無いと思います。
 くららはちょっと……ゴホンゴホン。
 

追記>「同じ状態に壊れた。」とコメント頂きましたので記事を修正いたしました。

 

情報ありがとうございます。

 

おもちゃで遊ぶ時は目を離さず、遊ばない時はしまう事が大切だと再確認しました。

 

いつもはそうしていたのですが、この時はうっかりしてしまい……でもその1回のうっかりが大事故につながる事もあるんですよね。

 

以前、かなり長いリボンを猫が飲み込み、即受診したので胃カメラで取り出せたものの、腸に到達していたら開腹手術になるところだったケースをテレビで見て怖くなりました。

 

取れやすいひらひらしたパーツや、長いリボン状の物等は猫が好みがちなので「玩具は壊れる物」として人が気を付けてあげなくては……と、肝に銘じました。

 

 

 これとは別のネズミの玩具には小石が入っていました。

 

(おまけ)

以前書いた記事「毛皮のねこじゃらしとくらら」

 f:id:sangoruka_cats:20171106030523p:plain

 表面はふわふわと幸せな感じ。

 

だけど裏面を見た途端、その動物について考えずにはいられませんでした。

 

毛皮について調べると悲惨な動物たちの姿が見えてきます。

 

ファッションとしての毛皮製品を購入するのは止めていましたが、猫じゃらしについては「小さいから許容範囲。」「食用のウサギの毛だから…。」と自分を納得させていました。

 

元々ルカと珊瑚は毛皮のじゃらしがそんなに好きではないので、くららの興奮には何となく違和感を感じていました。

 

上手く説明できないのですが、反応は良いのに何かが違う気がしたのです。

 

今家にある物や頂き物はありがたく使わせて頂きますが、今後自分からは毛皮のじゃらしを買わないことにしました。

 

それにしても我が家の破壊神、破壊のスピードが桁違い。

f:id:sangoruka_cats:20171106030522j:plain

 玩具以外にも及ぶヴァイオレンス。

 

こんなところもルカ珊瑚とは違う個性が見えて面白いです(´∀`)