シャム&オッド

猫のこと人のこと

猫だけが心の支えだったあの頃の母

珊瑚との出会いに関連して 

 

母の幼少期のお話です。

f:id:sangoruka_cats:20171106192526j:plain

幼い子供が

悲しい時もどこかが痛い時も

常に笑っていなくてはならない。

 

辛かったと思います。

 

「泣いたら怒られる」

というルールの中

わざと泣くようなことをして

その様子を楽しむ親。

 

動物を苦しめて

その反応を楽しむ人間。

 

詳細は違えど

母の中では同じだそうです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「虐待の連鎖」という言葉を耳にした事があります。

 

虐待を受けた人が、自分の子供を虐待してしまうという辛く悲しい連鎖。

 

私は母が倒れて入院するまで、虐待された子供だったことを知りませんでした。

 

当時思春期で、反抗的だった私に父が教えてくれたのです。

 

 

今は、私が返せるものは何かと模索する日々です

 

母への虐待は精神的にも身体的にも酷い物で、中学生の時に思い切って教師に相談したそうです。

 

しかし、見える所にお金を掛けてもらい、両親も人当たりが良かったため信じてもらえなかったとのこと。

 

そんな母の子供時代を支えてくれた黒猫のジロー君。

 

母は今もジロー君を思っています。

f:id:sangoruka_cats:20171104144722j:plain

広告を非表示にする