シャム&オッド

猫のこと人のこと

猫との別れと巡り合い

 遠くに捨てられたのに

ボロボロになりながらも

母の元に帰って来てくれた

ジロー君 。

f:id:sangoruka_cats:20171103143309j:plain

珊瑚との出会いの話なのに

なぜ母の話から始まるのか……

 

珊瑚との出会いを語るのに

必要なエピソードなのです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

私は超現実主義で、非科学的な事は一切信じない方だったのですが、うちの猫たちと出会って初めて「巡り合わせ」や「運命」という物を感じました。

 

ルカの兄弟は見た目がよく人懐こい性格。

 

ルカは一般的に可愛い子猫と言われる容姿では無く、人にもあまり甘えない子でした。

 

f:id:sangoruka_cats:20171106190713j:plain

(トライアル先に向かうルカ)

 

それでも私も母と同じく、ルカがお腹の上で眠ると「気」の様なものがお互いの体をグルグル回る様な、一心同体となった様な気持になりました。

 

f:id:sangoruka_cats:20171103143308j:plain

 

後にも先にもそんな感覚になったのは、ミルクを飲んでいた頃のルカに対してだけです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

時々フォロワーさんから「ルカくんの名前はスザンヌ・ベガの歌から

付けたんですか?」と聞かれるので調べてみました。

 

『Luka』は1987年の歌。

 

テーマは「児童虐待」

 

その頃日本ではまだ、児童虐待の問題がそれほど注目されていなかったようですが、アメリカでは既に社会問題になっていたそうです。

 

辛く悲しい歌詞と語りかけるような歌い方。

 

それなのに曲調はどこか希望を感じさせるような不思議な曲です。

 

Suzanne Vega Luka - YouTube

来日してテレビ出演した時の動画。

日本語字幕が入っているので歌詞の意味が分かります。